MENU

よくあるお悩み FAQ

シーラントでお子さまのむし歯予防 歯の健康を守る3つのこと

皆さんは「シーラント」という予防処置をご存知でしょうか?大人になるとなかなか受ける機会もなくなることから、処置の名前自体知らない方もいらっしゃるかもしれませんね。そんなシーラント処置は、子どものむし歯を予防する上で、非常に大きな力を発揮してくれます。そこで今回は、シーラントを始めとした予防処置について解説し、お子さまの歯の健康を守るために知っておくべき3つのことをご説明します。

そもそもシーラントってなに?

シーラントとは、奥歯の溝をコンポジットレジンなどの材料で平らにする処置です。乳歯の奥歯は、噛む部分の溝が複雑な形をしており、汚れがたまりやすくなっています。それをシーラントによって滑沢にするのです。表面が滑らかになれば、汚れがたまりにくくなり、むし歯のリスクも低下します。

乳歯の奥歯だけに適応できるの?

シーラントは、基本的に乳歯の奥歯に適応される予防処置ですが、その他の歯にも施術することが可能です。例えば、生えたばかりの永久歯の奥歯にも複雑な溝があるため、シーラントによる予防処置が有効です。また、前歯の裏側にも深い溝が存在しているケースもありますので、必要に応じてシーラント処置を施します。つまりシーラントは、乳歯の奥歯じゃなければ適応できない処置ではないのです。

シーラントは痛い?

シーラントを施す手順は至ってシンプルです。歯の表面を軽くお掃除した上で、シーラントの接着をよくするための薬剤を塗布します。その後、ジェルタイプのシーラントを流し込み、光で固めれば処置は完了です。施術に伴う痛みはもちろん、不快感を伴うこともありませんのでご安心ください。

シーラントは何歳に受ければいい?

お子さまの発育には個人差があるため、一概に“何歳になったらシーラントを受けた方が良い”とはいえません。ただ、目安としては乳歯の奥歯が生えた時と、最初の永久歯である第一大臼歯が生えた時がシーラントを受けるのに適しているといえます。年齢でいうと、2~3歳と6歳くらいですね。適切な時期にシーラントすることで、むし歯の発症リスクは大きく低下します。

歯の健康を守る3つのポイント

むし歯は、「細菌」「歯質」「糖質」といった3つの要素が絡み合うことで、発症する病気です。そのため、シーラント処置だけを行っていても、むし歯予防を徹底することは難しいです。ちなみにシーラントは、この中の「細菌」に該当します。

1. 細菌

細菌とは、ミュータンスに代表されるむし歯菌を指します。お口の中でむし歯菌が繁殖し、歯に感染することでむし歯が生じます。むし歯菌は歯垢や歯石を住みかとして繁殖するため、シーラント処置を施すのが有効です。また、正しいブラッシング法を身に付け、毎日プラークフリーな状態を築けるよう、努めていきましょう。

2. 歯質

歯質とは、主にエナメル質の酸に対する抵抗力を指します。子どもの歯は大人の歯と比べると未成熟であり、酸への抵抗力が低くなっています。ですから、歯科医院でフッ素塗布を受けるなどして、歯質を強化していきましょう。市販のフッ素入り歯磨き粉を使うのも有効です。

3. 糖質

糖質とは、むし歯菌のエサになるスクロース(砂糖)などを指します。子どもの歯のように、例え歯質が未成熟であっても、むし歯菌のエサとなる糖質がなければ、歯が溶かされることもありません。お子さまのシュガーコントロールは、親御さまがしっかり行ってあげてください。

上記の3つのポイントを抑えることで、歯をむし歯菌から守ることができます。

シーラントは万能ではない?

シーラントは、とても効果の大きいむし歯予防処置ですが、決して万能ではありません。歯の表面の複雑な溝をプラスチック材料で埋める処置であり、あくまで汚れがたまりにくい環境を整えることが目的です。上述した歯の健康を守る3つのポイントでは「細菌」に該当する部分ですね。けれども、歯磨きあ疎かになったり、砂糖が含まれているものを多量に摂取していたりすると、あっという間にむし歯になってしまう点にご注意ください。

シーラント以外にもおすすめできる予防処置

当院では、シーラント以外にも以下に挙げる予防処置を実施しております。お子さまのむし歯予防を徹底するためにも、積極的に活用していきましょう。

フッ化物の歯面塗布

高濃度のフッ素を歯の表面に塗り付ける処置です。ジェル状のフッ化物を歯面に塗布するだけなので、小さなお子さまでもストレスなく施術を受けることができます。市販の歯磨き粉には1500ppm程度のフッ化物が配合されているのですが、フッ素塗布に使うジェルのフッ素濃度は約9000ppmであり、極めて高濃度であることがおわかりいただけることでしょう。

歯磨き指導

当院では、お子さまお一人おひとりに最適といえるブラッシング方法をご提案することができます。正しいセルフケアを行えるよう、しっかり練習しましょう。親御さまによる仕上げ磨きのコツなどもアドバイスいたします。

仕上げ磨きについて

親御さまによる仕上げ磨きは、お子さまがひとり磨きを十分に行えるようになるまでは必須となっています。小学校に上がったからもうやめるというものでもなく、お子さまご自身でプラークフリーな状態を作れるようになるまでは、仕上げ磨きでサポートしてあげてください。仕上げ磨きは、お子さまのお口の異常を早期に発見するきっかけにもなります。

まとめ

このように、シーラントは子どものむし歯予防に大きく貢献します。適切な時期にシーラント処置を受けることで、その効果もさらに大きくなりますので、関心のある方はいつでも当院までご連絡ください。

CONTACT お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは
こちらまでお気軽にどうぞ!

0176-56-4681 24時間WEB予約

月~水・金・土 9:00~13:00 / 14:30~17:30

タップで電話がかかります 0176-56-4681 24時間WEB予約 アクセス